AIチャットボットに質問する

寒波により漏水した場合の水道料金の減免について

2023年02月01日

 令和5年1月に発生しました寒波の影響により、多くのご家庭で漏水が発生しております。今回、寒波の影響により漏水のあった水道使用者を対象に、料金の減免を行います。

 減免を受けるには、申請が必要です。


減免の要件

令和5年1月に発生した寒波により漏水したものであること。

※寒波の影響によるものであれば、地下埋設管や壁体内、床下だけでなく、露出管や給湯器等からの漏水も対象とします。


減免の対象期間

1か月分(3月請求分)の料金が対象となります。


減免の算定方法

 前2回の定例検針による使用水量の2分の1の水量を基準水量とし、メーターの指示水量から基準水量を差し引いた2分の1の水量を基準水量に加算して認定します。その料金の差額を減免します。

(ただし、前年同期や漏水修理完了後の使用水量を基準とすることもあります。)

例 使用水量(12月):18トン

  使用水量(1月):22トン 

  使用水量(2月 漏水月):40トン 

  (多くの世帯が2月中旬に検針され使用水量が分かるため、翌月の3月請求分となります。)

  基準水量 = (前々月使用水量+前月使用水量)÷2

       = (18+22)÷2=20トン 

  認定水量 = 基準水量+(漏水月使用水量-基準水量)÷2

       = 20+(40-20)÷2=30トン

  減免額:(40トン分の料金)-(30トン分の料金)


※漏水月使用水量かつ基準水量が基本料金の範囲内である場合は、減免の対象となりません。

※下水道使用料については、基準水量が認定水量となります。


必要書類

  • 漏水水量認定申請書(WORD 約13KB)
    ※宇土市指定給水装置工事事業者の証明を行ってください。
  • 修理状況の写真
    ※修理前後の漏水箇所を写したもの、漏水場所及びその周辺を写したものの両方を提出してください。


その他

  • 漏水修理完了後の使用水量を考慮する場合もあり、還付までに相当な時間をいただくこととなりますのでご了承ください。
  • 提出期限は設けておりませんが、漏水修理完了後、速やかな提出をお願いします。
  • その他不明な場合は、下記までお問い合わせください。

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 建設部 上下水道課 上下水道係

電話番号:0964-22-6633

お問合せフォーム