AIチャットボットに質問する

家庭教育のヒント ~思春期の子どもを理解し見守る~

2022年05月01日

言うことを聞かないのは、子どもの自立が始まった証拠

 思春期や反抗期がくると、身体の成長に心の成長が追い付かず、ちょっとしたことで有頂天になったり深く傷ついたりします。また、異性や性への関心が高まる、自我が強まり親や先生がうっとうしくなる、秘密をもつなど、成長という変化の中で心が最も不安定になります。ですから子どもが言うことを聞かなくなっても、いたずらに動揺したり抑えつけたりする必要はありません。子どもの自立や親離れが始まった証拠です。むやみに干渉し過ぎず、子どもの力を信じてあたたかく見守りましょう。

 しかし、それは腫れ物にさわるような接し方とは違います。冷静に子供の姿を見つめ、常に会話を重ねる努力をしましょう。


思春期の子どもを理解し、逃げずに見守る。


(文部科学省「家庭教育手帳 小学生 (低学年~中学生) 編」より)

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 教育委員会事務局 生涯活動推進課 生涯学習係

電話番号:0964-22-6510

お問合せフォーム