家庭教育のヒント

2021年12月01日

だれもがよりよく生きようとしている。

 見えにくい、聞こえにくい、うまく話せない、発達に遅れがある、身体が不自由であるなどの障がいがある子どもたちがいます。

 障がいがある子もない子も皆、よりよく生きたいと願っている「大切な仲間」です。

 障がいがあっても社会で活躍している人がいることなど、日頃から家庭の中で子どもに話していきましょう。


"障がいがある人もない人も大切な仲間であると教える”


(文部科学省「家庭教育手帳 小学生(低学年~中学年)編)より)



この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 教育委員会事務局 生涯活動推進課 生涯学習係

電話番号:0964-22-6510

お問合せフォーム