前のページに戻る

宇土市不妊治療費助成事業について

更新日:2021年4月1日

宇土市では,不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するために,特定不妊治療(体外受精及び顕微授精・男性不妊治療)及び,一般不妊治療(人工授精に限る)に係る費用のうち保険適用とならない費用の一部を助成します。

対象者

次の要件をすべて満たす夫婦

  1. 夫婦どちらかが,助成金の申請を行う日の1年以上前から,引き続き宇土市に住所がある方
  2. 不妊治療を開始した日において法律上の婚姻をしている方
  3. いずれかの医療保険に加入している方
  4. 市税,国民健康保険税,下水道使用料,受給者負担金・分担金,保育料の全てを完納されている方
  5. 他の市町村で同じ治療に対して助成を受けていない方
  6. 特定不妊治療対象者は「熊本県特定不妊治療費助成事業」による助成の決定を受けた方

 

助成内容

すべて保険適用外の費用について助成します
  内容費用 治療開始日における年齢 
 一般不妊治療 一般不妊治療(人工授精に限る)及び一般不妊治療に要した費用

5万円/年を上限とする 

妻の年齢が41歳未満

 特定不妊治療

 体外受精または顕微授精

男性不妊にかかる費用

8万円/年を上限とする

(県からの助成金を差し引いた額)

妻の年齢が43歳未満

※通算5年間が限度となります。

※宇土市在住中の治療を対象とします。

 

申請に必要なもの

特定不妊治療 一般不妊治療 
 熊本県特定不妊治療費助成事業決定通知書の写し ○ 

 宇土市不妊治療費助成事業医療機関受診等証明書(WORD 約18KB)

 

 不妊治療費にかかる領収証および明細書の原本

※特定不妊治療の場合のみ,原本又は写し

 ○○ 
 印鑑(シャチハタは不可) ○○ 
 銀行の口座番号がわかるもの ○○ 

 夫および妻の保険証の写し

 ○

○ 

 法律上の夫婦であることを証明する書類

(夫婦のいずれかが市外に居住している又は,別世帯の場合)

○ 

申請に必要なものを直接保健センターへご持参ください。また,申請にあたりご不明な点等ございましたら,下記問合せ先までご連絡ください。

 

 申請上の注意

一般不妊治療 ※令和3年4月1日から申請期限が変更になりました。

一般不妊治療(人工授精)を受けた日の属する年度の翌年度の末日(3月31日)までに申請してください。

※令和3年4月1日に開始した治療分から対象になります。

例)令和3年4月1日に一般不妊治療(人工授精)を受けた場合は,令和5年3月31日までに申請をしてください。

特定不妊治療

熊本県特定不妊治療費助成事業により助成の決定を受けた日から,半年以内に宇土市へ申請してください。

 

参考

宇土市不妊治療費助成事業のご案内(PDF 約130KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 健康福祉部 健康づくり課 健康推進係
電話番号:0964-22-2300この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ
  • 宇土市公式LINE 登録方法をご紹介!
  • 宇土市民体育館の愛称は「ecowin宇土アリーナ」に決定しました。
  • 宇土市河川カメラ
  • ごみの出し方
  • 宇土市生活便利ブック電子書籍版の案内

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • 宇土市企業立地ガイド
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト
  • わたしとみんなの年金ポータル