宇土市公式ウェブサイト

文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português


前のページに戻る

熊本県解体工事業協会による老朽空き家解体撤去ボランティア活動について

更新日:2019年12月1日

 一般社団法人熊本県解体工事業協会(以下,「協会」という。)が,老朽化して倒壊の危険性がある空き家住宅の解体撤去ボランティア活動を実施されます。

 解体撤去を希望される方は,下記対象条件をご確認のうえ,宇土市役所都市整備課までご相談ください。

対象者:次に掲げる要件のいずれかに該当する方が対象となります。 

  1. 空き家の所有者または相続人
  2. 区分所有の長屋の場合は,他の長屋の区分所有者全員から除却について同意を得た所有者等
  3. 1または2から空き家の除却について同意を得た空き家が所在する土地の所有者または相続人

 ※対象者は,次の要件の全てを満たすものとします。

  • 空き家が共有である場合または空き家に所有権以外の権利の設置がある場合は,申出者以外の権利者から空き家の除却について同意を得ていること。
  • 借地にある空き家の場合は,土地所有者または相続人から空き家の除却について同意を得ていること。

対象空き家:危険空き家

 ※対象空き家は,次の要件の全てを満たすものとします(住宅地区改良法に規定する不良住宅に該当する空き家)。

  • 居住のために建築または購入した住宅であること。
  • 所有者が個人であること(法人は不可)。
  • 1年以上居住されていないこと(住民票等により確認)。
  • 申し出時において,所有権以外の権利が設定されていないこと(権利者から除却について同意を得ている場合を除く)。
  • 通学路・国道・県道・市道・避難路に面していること。
  • 公共事業等の補償の対象となっていないこと。
  • 併用住宅は住宅部分の床面積が延床面積の2分の1以上で,店舗や事務所として利用されていないこと。

対象業務

 対象空き家の解体・撤去・廃材運搬に係る一連の業務

経費負担

 上記対象業務を実施するにあたり,使用する水,電力,燃料及び通信等に必要な仮設物の設置費,解体廃棄物の処理費については,全て協会が負担されます。

 ただし,布団等の一般ごみの処理費については,申出者の負担になる場合があります。詳細は,現地調査の際にご説明いたします。

実施件数

 10件程度(先着順)

 ※ただし,ボランティア活動であるため協会の予算の都合により増減する場合があります。

受付期間・場所

 受付期間は,令和元年12月9日(月)から令和2年1月31日(金)までの平日のみです。

 受付場所は,宇土市役所都市整備課です。

 受付時間は,午前9時から午後5時までです。

 ※先着順のため,期間内であっても受付を締め切る場合があります。

 ※受付後,市で現地確認を行い,対象となるかの判断を行います。空き家の状況によっては,対象とならない場合もあります。

受付方法

 受付は,窓口のみでの受付となりますので,ご注意ください。

 相談・問合せについては電話でも受け付けます。

留意事項

  • 建築物を除却することにより,翌年度より敷地の固定資産税が増額となる場合があります。
  • 受付後,対象となる場合は,建物登記事項証明書や印鑑証明,本人確認資料(運転免許証・パスポート),誓約書など必要書類をご提出いただくことになります。詳細は,対象となった場合にご説明いたします。
  • 空き家解体後,所有者等間で問題が生じた場合,市及び協会は関知しません。
  • 受付時に聞き取りした個人情報は,解体撤去業務を実施するにあたり必要なため協会へも情報共有をさせていただきます。

お問い合わせ

宇土市役所 建設部 都市整備課 建築住宅係
電話番号:0964-22-1111 (内線:709・710・711)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ
  • 宇土市公式LINE 登録方法をご紹介!
  • 宇土市民体育館の愛称は「ecowin宇土アリーナ」に決定しました。

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • くまもとGPMap
  • 宇土市企業立地ガイド
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト