前のページに戻る

DV被害のために別居されていた場合の遺族年金の請求手続きについて

更新日:2020年6月17日

遺族年金の受給のためには,通常,配偶者の死亡時に同居していることが必要ですが,DV被害などのやむを得ない事情で別居している場合は,一定の条件の下,遺族年金を受給できる可能性があります。

遺族年金を受給できるかどうかは,お客様の事情を総合的に考慮して判断を行いますので,該当し得る方は,お近くの年金事務所または街角の年金相談センターまで,ご相談ください。

対象となるDV被害者の方

・DV防止法に基づき裁判所が行う保護命令に係るDV被害者の方

・婦人相談所,民間シェルター,母子生活支援施設等で一時保護されているDV被害者の方

・DVからの保護を受けるために,婦人保護施設,母子生活支援施設等に入所しているDV被害者の方

・公的機関や公的機関に準ずる支援機関が発行する証明書等を通じて,上記に準ずると認められるDV被害者の方

お手続きに必要な書類

通常の年金請求に必要な書類のほか,以下の書類が必要になります。

・DV被害者であることが確認できる証明書

・配偶者と住民票上の住所が異なった日が確認できる住民票等

・DV被害等に関する申立

請求に当たっての留意事項

・DV被害により配偶者と別居されている方については,別居期間の長短,別居の原因や解消の可能性,経済的な援助や定期的な音信・訪問の有無等を総合的に考慮して,遺族年金を受給できるかどうかを判断します。

・過去に遺族年金を受給できないと判断された場合でも,DV被害に関する新たな書類の提出があれば,再度,遺族年金を請求できます。

 

パンフレット

https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/0212.pdf

年金事務所や年金相談センターの所在地は以下のホームページをご参照ください。

https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇土市役所 健康福祉部 子育て支援課 子ども家庭支援係
電話番号:0964-22-1111この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 宇土市観光情報サイト「うと物語」
  • 宇土市デジタルミュージアム
  • うと動画チャンネル
  • 宇土市公式Facebookページ
  • 宇土市公式LINE 登録方法をご紹介!
  • 宇土市民体育館の愛称は「ecowin宇土アリーナ」に決定しました。
  • 宇土市河川カメラ
  • ごみの出し方
  • 宇土市生活便利ブック電子書籍版の案内

外部リンク

  • 宇土市例規集
  • 国税庁
  • くまもと電子申請窓口「よろず申請本舗」
  • 宇土市企業立地ガイド
  • 経済・財政と暮らしの指標「見える化」ポータルサイト
  • わたしとみんなの年金ポータル