AIチャットボットに質問する

令和3年度中山間地域等直接支払制度の実施状況について

2022年08月04日

中山間地域等直接支払制度の目的

 中山間地域等は流域の上流部に位置し,中山間地域等の農業・農村が有する水源かん養,洪水防止機能等の多面的機能を担っています。

 しかしながら,中山間地域等は,平地に比べ自然的・経済的・社会的条件が不利な地域が多く,農業者の高齢化や耕作放棄地の増加等により,多面的機能の低下が心配されています。

 この状況をふまえ,中山間地域等における耕作放棄地の発生を未然に防止し,多面的機能の維持・確保することを目的に,平成12年度から「中山間地域等直接支払制度」が実施されています。

 この制度は,平地と比べて条件の不利な中山間地域等において,集落等を単位に,農用地を維持・管理していくための取決め(協定)を締結し,それにしたがって農業生産活動等を行う場合に,面積に応じて一定額の交付金を交付する仕組みです。

 1期5年で実施されており,平成27年度からは「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」に位置付けられ,第4期対策として令和元年度までの5年間実施され,引き続き令和2年度からは,第5期対策として実施されてます。

 宇土市では,この制度を利用し,急傾斜等により生産条件が不利な農用地の耕作放棄防止や多面的機能の増進を目的として,令和3年度末現在8集落,96戸の農家が集落協定を締結し,581,362㎡の協定農用地において共同取組活動等を実施しています。


令和3年度中山間地域等直接支払制度実施状況

 この中山間地域等直接支払制度は,広く住民の理解を得るために,毎年実施状況を公表することになっています。今回,令和3年度の実施状況の取りまとめを行いましたので公表します。実施状況は下記のファイルをご覧ください。

令和3年度中山間地域等直接支払制度実施状況(PDF 約112KB)


この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 経済部 農林水産課 農業振興係

電話番号:0964-22-1111 (内線:603・604)

お問合せフォーム