AIチャットボットに質問する

国民健康保険税の納め方

2021年08月11日

国民健康保険税の納め方

 国保税の納税通知書は,毎年6月中旬に世帯主あてに郵送します。税額に変更があったときは,変更が生じた月の翌月中旬に,再度納税通知書を郵送します。また,6月以降に国保に加入したときは,国保加入の届出のあった月の翌月中旬に郵送しています。納付方法には普通徴収と特別徴収の2種類があります。納税通知書に記載されている納付方法で納めてください。

普通徴収

 納付書により市役所会計課又は金融機関の窓口で納付していただくか,口座振替での納付となります。1年間の国保税を10期に分けて納付していただきます。なお,口座振替を希望する場合は,引き落としを希望する口座を開設している金融機関の窓口に「口座振替依頼書」を提出してください。

参考:市税等の納付は口座振替をご利用ください(サイト内リンク)

表:普通徴収の納期
納付書納期限
6月第1期6月末日
7月第2期7月末日
8月第3期8月末日
9月第4期9月末日
10月第5期10月末日
11月第6期11月末日
12月第7期12月25日
翌年1月第8期1月末日
翌年2月第9期2月末日
翌年3月第10期3月末日

※納期限が土曜日,日曜日,祝日の場合は翌営業日となります。

特別徴収

 年金からの天引き(差し引き)による納付です。1年間の国保税を6期に分けて納付していただきます。下記の条件をすべて満たす場合に,原則として特別徴収となります。

特別徴収の条件
  1. 世帯主が国保に加入していること
  2. 世帯内の国保被保険者が全員65歳以上75歳未満であること
  3. 世帯主の介護保険料が年金から天引きされていること
  4. 世帯主の年金受給額が年額で18万円以上であり,かつ,国保税と介護保険料を合わせた額が年金受給額の2分の1を超えていないこと。

 なお,特別徴収で納付していただく国保税のうち,4月・6月・8月の徴収額は,課税時点で前年の所得が確定しておらず,その年度の正しい国保税額を算定できないため,前年度の2月に徴収した金額と同じ額を徴収します。これを仮徴収といいます。10月・12月・翌年2月の徴収額は,その年度の確定した国保税額から仮徴収した金額を差し引いた額を徴収します。

特別徴収から普通徴収(口座振替)への変更

 特別徴収の対象者であっても,申請により普通徴収(口座振替に限る)に変更することができますので,下記の手順でお手続きをお願いします。ただし,国保税の滞納がある方は,口座振替に変更することができない場合もあります。

年金からの天引きから口座振替に変更を希望する場合の手続き手順
  1. 引き落としを希望する口座を開設している金融機関の窓口に,「口座振替依頼書」を提出してください。
  2. 税務課市民税係の窓口に,「納付方法変更申出書」を提出してください。


この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 市民環境部 税務課 市民税係

電話番号:0964-22-1111 (内線:509・510)

お問合せフォーム