一行書「生涯一片青山」

「知られざる宇土の名宝」展 出品作品 

一行書「生涯一片青山」

一行書「生涯一片青山」の画像



【宇土市指定文化財】

作者

  宇土細川藩5代藩主 細川興文(おきのり)【月翁(げつおう)】

解説

  この一行書は,中国の十国南唐の第3代国主李煜(りいく,937~978)が詠んだ以下の詩を踏まえたものと思われます。青山とは墓地の意です。

李煜の詩 開元楽(六言絶句の形式)

心事数茎白髪  心事 数茎の白髪

生涯一片青山  生涯 一片の青山

空林有雪相待  空林 雪ありて 相待てど

古路無人独還  古路 人無くて 独り還る

意味

  人生は山あり谷あり。喜びもあれば悲しみもある。 調子が良いときもあれば,何もかもがうまくいかないときもある。 しかし,どんな人生を送ろうとも,最後は死して一基の墓に収まる。 それが定めであるという意味が込められています。

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 文化課

電話番号:0964-23-0156