『新宇土市史』資料編 第4巻 近代・現代

新宇土市史の解説

『新宇土市史』資料編 第4巻 近代・現代

 近代では,私家文書,諸機関所蔵文書,行政文書の3部に分けて掲載しました。宇土の町に電灯が灯り,肥後銀行の前身である第百三十五国立銀行や舞鶴合資会社(マッチ・レンガ製造)などがいきいきと経済活動を展開していた頃の資料,さらに鶴城学館の開校や,農業・漁業面でもネーブルの栽培開始,有明海のノリ収穫に関するものなど様々な資料を収録しています。

   現代では,史料内容をテーマ別に分類し,宇土空襲から始まり,農地改革,戦後改革,漁業経営についての史料,さらに宇土市広報からも宇土市発展の様子がわかる記事を選び,収録しました。また,近代から現代に至る統計,神風連の乱以来アジア・太平洋戦争に至る戦没者一覧を掲載しています。

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 文化課

電話番号:0964-23-0156