高齢者の交通事故防止県民運動〜社会の宝の高齢者を交通事故から守ろう〜

2019年06月12日

「高齢者の交通事故防止県民運動」

 熊本県内において,平成30年中に交通事故により60人の方がお亡くなりになりました。昨年と比較すると13人の減少となりましたが,65歳以上の高齢者が35人と全体の58.3%を占めています。

 本市においても,平成30年中に高齢者が犠牲となる交通死亡事故が発生しました。

 こうした交通事故を撲滅するため,ドライバーの皆さんは,思いやり運転の実践をよろしくお願い致します。

 また,高齢運転者が加害者となる交通事故が増加傾向にあります。車の運転をする際は,大切な命を守るため,健康状態に気を付け,余裕のある運転を心がけましょう。

高齢者交通安全5則
  1. 夜間・早朝・薄暮時の外出は明るい服装と反射材用品を着用しましょう。
  2. 道路の横断は,左右をよく見てまっすぐ渡りましょう。
  3. 車の直前・直後や斜め横断はやめましょう。※高齢者の歩行中の交通死亡事故で最も多い形態は,道路の横断中の事故です。歩行者の方は,付近に横断歩道がある場所では必ず横断歩道を利用しましょう。但し横断歩道を渡る場合にも,立ち止まって左右の安全を確認後,まっすぐ渡りましょう。また,ドライバーの方は,横断歩道では歩行者優先です。思いやり運転を心がけましょう。
  4. 自転車は,交差点や曲がり角で,必ず安全を確かめましょう。
  5. 車の運転は,健康状態に気を付けて,余裕のある運転を心がけましょう。

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 市民環境部 環境交通課 環境交通係

電話番号:0964-22-1111 (内線:518・519・520)

お問合せフォーム