人工内耳用スピーチプロセッサ買い替え助成

2010年12月18日

人工内耳を装用している方の福祉の増進を図るため,人口内耳用スピーチプロセッサの買い替えに対し助成を行います。助成を希望する方は購入前に必ず申請を行ってください。

1.申請に必要なもの

  1. 申請書(PDF 約17KB)
  2. 印鑑
  3. 購入希望物品の見積書
  4. 身体障害者手帳の写し
  5. 人工内耳装用者カードの写し

2.申請の主な要件

給付対象は,本市に住所を有し,聴覚障がいによる身体障害者手帳の交付を受け,現に人工内耳を装用しており,次の要件を全て満たしている方です。

  • 宇土市の住民基本台帳に引き続き1年以上登録されていること。
  • 現在使用しているスピーチプロセッサが装用後5年を経過していること。
  • 本人又は世帯員に市税等の滞納がないこと。

3.基準額及び自己負担額

  • 基準上限額:1,000,000円
  • 本人負担額:原則購入費の1割

ただし,個人負担については,補装具費支給の例による。

4.給付の制限等

  • 購入費用が医療保険の対象となる場合は助成対象になりません。
  • 任意保険又は動産保険に加入することが条件です。
  • 一度給付を行った場合,給付の日から障がい者(18歳以上の方)においては7年,障がい児(18歳未満の方)においては5年を経過するまでの間は再給付できません。

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 健康福祉部 福祉課 障がい者支援係

電話番号:0964-22-1111 (内線:408・409・440)

お問合せフォーム