木造薬師如来坐像

木造薬師如来坐像  もくぞうやくしにょらいざぞう

区分

 熊本県指定有形文化財(昭和44.3.20)

もくぞうやくしにょらいざぞうの写真

解説

 三日山如来寺には鎌倉時代の釈迦(写真中央)・阿弥陀(写真左)・薬師(写真右)三尊が安置されています。この像はその1つで,像高76.2センチ,桧材の寄木造です。眼は彫眼で,衣の着け方は阿弥陀如来像に近い表現様式です。また,像の構造も阿弥陀如来像にほぼ同じです。

  明るくゆたかな表情とかるく左手を上げ,薬壺をのせた姿は病める生き物すべてを済世するにふさわしい造型です。

  薬師如来は現世におけるすべての面での充足を与える如来として熱心な信仰を受けました。また心身の病をいやす働きから医王仏(尊)とも呼ばれます。

関連

 韋駄天像・西安寺の聖観音菩薩立像・三日山如来寺・報恩寺・木造阿弥陀如来坐像木造釈迦如来坐像

所在地

 宇土市岩古曽町所在地  宇土市岩古曽町の地図




より大きな地図でデジタルミュージアムを表示

この記事へのお問合せ

担当部署:宇土市役所 文化課

電話番号:0964-23-0156